元女子アナMIHOの風まかせ生活 in 旭川
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハッピーバースデー
娘が3歳になりました!
しみじみと嬉しさがこみ上げてきたところです。
1歳くらいまでは、ママがそばに居ないと常に泣いていた娘も、
今ではおじいちゃん、おばあちゃん大好きで、パパとのお留守番もニコニコです。

4月からあまりに忙しくて、ブログを更新する気力もなく・・・
時々Facebookで近況をアップする程度なのでした。

で、もちろん色んな出来事ありましたっ。
まぁ、大体は年中さんの息子相手に毎日バトルしてるんですけど。

最近の事件といえば・・・

●ママのいないところで、娘が自分の髪の毛をばっさばっさ切って遊んでいたこと。
  床に散乱していた髪の毛は両手いっぱいに。
  後頭部には根元から1~2センチのところで切ってしまった箇所もあり、怪我をしなかったのが不思議なほど。
  はさみを手に娘は自分で切ったと言い、
  隣でニヤニヤしていた息子にも聞いたところ「ぼくきってないよ」とのこと。
  でも、息子の手にもはさみが・・・。
  う~む、ここは息子を信用しよう!

息子がはさみでシーツに穴を3つ開けていたこと。(シーツを切ったのはこれで2度目!)
  息子と娘に誰が切ったの?と聞くも、二人とも「ちがう」と言う。
  その後、「ママはウソが一番嫌い、怒らないから本当のことを教えてほしい」と言ったら、
  息子が「ばくが切った」と白状した。
  とほほ。

●美容院で髪の毛を切ってもらうのをず~っと嫌がっていた娘。
  嫌な理由は「プリキュアになりたいから」
  「大きくなったらプリキュアになる!」と決めている娘は、髪の毛が長くないと、プリキュアになれないと思っているらしい。
  が、自分で髪の毛を切ってしまった数日後、美容院に行くと自分から言った
  プリキュアよりもかわいくなったよ!

娘がプールデビュー、が、全身に湿疹と強いかゆみ
  夜中も痒くて眠れない日々が続いたこと。
  塩素がダメなのかなぁ。

娘が舌を噛んでしまったようで、大きく腫れてしまい、
  強い痛みで夜もあまり寝られないまま、3歳の誕生日の朝を迎えたこと。
  大好物のケーキも一口しか食べられず・・・。

ママが車にキーを挿したまま、翌朝を向かえてしまい、バッテリーがあがってしまったこと。
  息子の幼稚園行事に車で行こうと思ったら、キーが無い!!
  娘に「車にあるんじゃない?」と言われ、一応見に行ったらキーが刺さったまま。
  ギョギョッ! 半分キーが回ったまま。
  恐る恐るエンジンかけたら、もちろんかからなかった。
  で、慌ててタクシー呼んで、ギリギリセーフ。
  
  車はパパのお陰で復活、が、今度は運転席の窓がちゃんと閉まりきらない。
  窓は一度は上まで閉まるものの、そのままもう一度下がって数センチ開いたところで停止・・・。
  数日後、ディーラーで直していただきました。

娘の足の親指の爪が剥がれたこと。
  もちろん号泣。

息子がまたも中耳炎

息子が5月から始めた体操教室が、たった3回で休講になった。
  入会金、年会費、お道具一式で1万5千円ほどかかったんですけど・・・。
  交渉して、大部分のお金はなんとか返金してもらえることに。
  ほっ。

息子の希望で、7月プール教室に通い始めた
  1回目の体験でニコニコだったのが、入会した途端に泣くようになった
  泣きじゃくる息子をコーチは当然のようにプールに連行、レッスン中は泣き止むまで息子を抱っこかおんぶ。
  泣く子は結構多いようで、コーチは慣れているみたい。
  泣いてた息子もレッスンが終わるころにはニコニコ。
  その後も、プールに入るまでは泣くものの、泳ぎ始めると徐々に笑顔に。

  そしてきのう、進級テストに合格し、新しいバッチをもらった息子はルンルンで戻ってきた。
  次回からは笑顔でレッスンに臨めるかな!?

花火で息子が火傷したこと。
  自宅庭で花火をしていたときのこと。
  花火を持った娘が、お兄ちゃんの方に振り向いたところ、花火の先端がお兄ちゃんの顔に!
  ママはちょうど家の中にいたので、現場を目撃せず。
  もちろん、相当泣きました。
  頬にはいまだうっすら火傷の痕が残っています。
  それでも花火は大好き。
  妹のことは全然怒らず、「火傷しちゃうんだから気をつけるんだよ」って、やさしく教えてあげています。
  なんて素敵なお兄ちゃんなんでしょ~。

まぁ、今ぱっと思い出せるのはこの程度だか、毎日大なり小なり事件が起きているような気がする・・・。

9月には娘もお兄ちゃんと同じ幼稚園に通い始めます。
満3歳での入園です。
また、ひと騒動あるかなぁ(笑)


スポンサーサイト
カレーチャーハン
毎日の子どもたちの食事に、ママは頭を悩ませます。
食べるのは大好きだが、料理は得意ではなく・・・

今夜は子どもの好きなチャーハン
野菜もちっちゃくすれば、気にせずたくさん食べてもらえるメニューです。

息子は、先日パパが作ってくれたカレーチャーハンがいいというので、
「同じものは作り方が分からないの、ちょっと違ってもいい?」
と聞くと、良い!というので、
子ども向けのカレーチャーハンに挑戦

味見をした息子は、
「うん、うん」とうなずき、まあまあな顔
が、食べ始めると、
「パパのチャーハンはもっと灰色だったんだけど・・・
と、不味そうな顔をする息子

やっぱりねぇ
だから同じチャーハンは無理だよって言っておいたのに。
予想通りの息子の反応にちょいとイライラ

灰色?とは違ったと思うが、
確かにパパのカレーチャーハンはもっと色が濃かったわねぇ
と思い、作り直すことに。
野菜ジュースソースも入れて、それっぽくなってきたところに、
カレー粉少々・・・
のつもりがどばっっ!っと、入っちゃいました
はい、手遅れです。

ちょい辛いカレーチャーハン
一応、息子に出してみると
「美味しい・・・」と言いながら、牛乳がぶ飲み
「ママのごはん美味しいよ」と言う割には、まったく箸は進まない。

「無理して食べなくていいよ」

とママが言うと、あっさり
「ごちそうさま~」だって

ちなみに、2歳の娘
「カレーチャーハン食べた~い」と言い、
自分の普通のチャーハンにたっぷり混ぜて
「おいし~!もっともっと~
と、モリモリ食べてくれましたっ。
ママ、ようやくニッコリです

トイレで洪水注意報
今週から幼稚園が始まりました!
が、2週間は午前保育、あっという間に帰ってきます。
ママの仕事も4月に入り、少々バタバタ。
幼稚園の保護者会やら、家庭訪問やら・・・
踏ん張りどころです。

そんな中、事件は起こりました

いつものように、ママは家事に追われ、
子どもたちはそれぞれ好きなことをしてあそんでいます

その日も、息子はいつものようにトイレに大急ぎで走っていきました
おしっこをギリギリまで我慢して遊んでいるのはいつものこと。
が、しばらく経っても息子はトイレから戻りません

おやおや?トラブル発生かっ!?
もしかして間に合わなかったとか??

トイレに向かうと、水が流れる音が続いています。
覗いてみると・・・

ぎゃー!!!

トイレの水が今にも溢れ出しそうです

「何してるの~
もちろん、ママは思わず怒鳴ってしまいました。

だって、便器の中には四つ折の新聞紙が浮かんでいるではありませんかっ!
さらに奥には新聞紙が詰まっているのが見えます

「何でこんなことするのっ
と怒りつつ、慌ててバケツとゴム手袋を持ってきて
すぐに詰まった新聞紙を取り出そうとトライ。
が、新聞はちぎれてしまいそうだし、ゴム手袋の中にはどんどん水が入るし
泣きそうになりながら、なんとか新聞紙を取り出すことに成功しました・・・

流した新聞紙が2枚だったこと確認した後、
怒りに震えながら、どうして新聞紙を流したのか聞いてみました。
返事は、
「流れるとおもったから・・・」
「う~んわかんない」

と、へらへら。
なんで子どもって怒られるとヘラヘラわらうんだろう・・・。

 この先、好奇心に満ち溢れた息子は
もっとも~っと、大人が驚くような事件を起こすんだろうなぁ。
今から、あ~ぁあやれやれ

ディズニースマートフォン!ゲット!!
ディズニースマートフォン買いました。
うきうきです。

この前から、携帯電話の機種が決められなくず~っと悩んでいて、
そのうち手続きも面倒になり、先延ばしにしていたら、
パパが
「えっ!まだ悩んでるの!?さっさと買ってきたら」
と背中を押してくれたので、
子どもたちにはパパと留守番してもらいようやくドコモショップへ。

ひょひょひょっ、ぴっかぴかです。

機械オンチなので、慣れるのにちょいと時間がかかりそうですが・・・。

早く、携帯電話でちゃちゃっとブログの投稿が出来るようになりたいなぁ。
子どものほうが早く覚えたりしてっ!
お野菜嫌い
息子がきのうから熱を出し、きょうは子ども二人と三人で家でゆっくり。
インフルエンザではなく、胃腸炎との診断に少し安心。

さて、娘と息子は野菜嫌い
毎日の夕食作りも頭が痛い。
「いらな~い」「おいしくなぁ~い」なんて、日常茶飯事。
そのたびにママはイライラし、

「勝手にしなさいっ、ちゃんと食べないと病気になって入院しちゃうんだから」

と、ついつい意地悪なことを言っちゃうのです。
自己嫌悪の日々

が、きょうは違いました

お昼ご飯に焼きうどんを作っていると、4歳のお兄ちゃんが
「お野菜焼いてるの?」と尋ねきます。
その後
「今ね、お野菜とお肉焼いてるんだって~」
と、妹に向かって説明。

「お野菜いやだ~、食べない~」と言う娘に、

「キャベツだよ!前にもお味噌汁に入っていたの食べてたでしょっ」
と、ちゃんと解説しています。

出来上がった焼きうどん
息子は
「お野菜も食べる~と言って食べはじめました

なんて素晴らしい
病気になると、色々考えるのかなぁ。

まぁ、おかわりしたときには
「もう、キャベツはいらない・・・だって
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。