元女子アナMIHOの風まかせ生活 in 旭川
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2歳になります
きょうは娘の誕生日会です。

2歳になります

数日前からは、お兄ちゃんと一緒にこの日を心待ちにしています

「あしたはお誕生日会だね」
とパパが言うと、娘はバンザーイのポーズ
「やった~と言い、

「あしたのお誕生日会ができなくなっちゃうよ」
と言うと、娘は嫌いなお着替えも歯磨きも素直にしてくれます

お兄ちゃんだって
「あしたはお誕生日会だから、お片づけして掃除しよう!」
と、いつもだったら嫌がるお片づけを張り切ってしています。
ママ、と~っても嬉しくなっちゃいました

2年・・・・・・
ものすごい速さで娘は成長しています。
おしゃべりも上手で、いつもママを笑わせてくれます。
「もうちょっとで2歳になるのぉ」と、得意げに言います。
いやだいやだ・・・も多いけど、それこそ成長の証。

夕べは、娘が生まれた日のことをしみじみ思い出しました。
男の子に続く、女の子の誕生。
生まれてすぐの娘を、胸の上で抱いた瞬間のあったかいぬくもり。
生まれてきてくれたことに感謝です。

これからもお兄ちゃんと仲良く、元気にすくすく育ってね。

さぁて、きょうは昼から誕生日会。
お庭でお客さんを招いてのバーベキューです
お天気も上々
たくさん食べて、いっぱい走って遊んで、楽しんでね。
スポンサーサイト
さみしいねぇ
パパはお仕事、息子は幼稚園に行きました。

1歳の娘と二人で、おうちで掃除をしながらお留守番です。
いつもなんやかんやと忙しく出かけることが多く、
二人でのんびりお留守番は久しぶりです。

カキ氷を作って娘と食べていたら、

「お兄ちゃんいないと、さみしいねぇ」

ですって。
まるでママの口調です

おしっこもうんちもちゃ~んと教えてくれます。
もうすぐ2歳。
体も心もぐんぐん成長してます
続・ママのガミガミ
相変わらず、ママのガミガミは続いています・・・

先週は子どもやママの病院・歯科医院通いが続き
ママは時間に追われる毎日。
ママは外でもお仕事もしているので、家に居るとあれやこれやとやることがいっぱいで、
あれして、これして~の子どもたちのお願いにも応えられないのです

ついついママは眉間にしわを寄せ、
「も~、どうしてそういうことばかりするのぉ~
「いい加減にしてちょうだ~い
を繰り返し、ついにはパパが呆れるほど
これじゃぁ、夫婦仲まで悪くなってしまいますよね・・・とほほ。

それでも、ママは息子のいいところ探しを続けていますよ。

すると、一週間ほど前から、夜ベッドに入ると、
「ねぇママ、きょうのえらかったことは?」
と、息子が尋ねてくるようになりました。

「歯医者さんでいっぱい頑張って治療したこと」
「妹と仲良く遊んだこと」
「おもちゃを買うのを我慢したこと」
などなど。

息子は嬉しそうにママの言葉に耳を傾けます。
ママが「う~んと・・・」とちょっと考えて間が開くと、

「お風呂に入ったことぉ~!」
「お友達と喧嘩しなかったことぉ~!」
「幼稚園にいったことっ!」

など、自分から言うようになりました。

褒められるって、うれしいもんねっ
明日もいっぱい元気に遊んで、笑顔を見せて頂戴ね。
虫歯くん、バイバイ

3歳の息子がついに虫歯になりました

毎日歯磨きをしていましたが、ママの磨き方が悪かったのと、
入園当初、疲れて夕方から朝まで寝てしまう日が続いたりで、ついつい歯磨きを疎かにしていたせい、
さらにチョコレートのお菓子も食べるようになってしまったこと・・・
などなど、考えられる原因はたくさんあります

親の虫歯菌が感染しないようにつけ
出来るだけ同じ箸やスプーンを使用しないように気をてはいましたが、完璧では無かった・・・ですね。
後悔しても遅いです


とにかく、慌てて歯医者さんに連れて行きました

いつもフッ素を塗るのに連れて行っていたので、嫌がることも無く診察してもらえました。

初日は進行止めの黒い薬をぬってもらい、フッ素もして終了です。
前歯なので黒い薬がとっても目立ち、お歯黒さんみたい・・・・ですが仕方がありません

数日後、いよいよ虫歯の治療です。
歯科助手のお姉さんに「かわいい~」を連発してもらい息子はなんだか機嫌が良いです。
いつものように初めは歯磨き、
そして先生の登場でいよいよ虫歯治療です。
息子は何が始まるのか全くわからず、言われるがまま大きな口を開けています

ウイ~ンという機械音に少々ビビッているようですが、
それでもお口は開いたまま、ちゃ~んとじっとしています。
少々削ったところで、息子が嫌がりちょっぴり泣いちゃったので、
機械を止め、先の尖った器具を手に持ち替えゴリゴリちょっとずつ蝕まれた箇所を削っていきました

必死に耐えている姿にママは感動です

「すごいねぇ」「えらいねぇ」「頑張っているからママは嬉しいよ」など、ママはとにかく息子を褒めました。
ほんとうによく頑張りました


途中、歯科助手のお姉さんが
ご褒美の「チョコレート」と「ぺろぺろキャンディ」を持って登場したのも良かったのかも!?

ちなみにチョコレートはキシリトール入りの虫歯になりにくいもの

さらにぺろぺろキャンディーは、
一日二本・10日間食べ続けると虫歯菌がいなくなる!!

という、夢のようなおやつなのです。

娘の分と二本頂き、子どもたちは大喜び。
家に着くとすぐに自分から手を洗いに行き椅子に座って待っています。
で、早速頂くと・・・
娘は「いらな~い」と、お兄ちゃんにあげちゃいました。

息子は大喜び。
二本を同時に口に入れ「ママ、これ見て~」とテンション上がり過ぎです

パパにぺろぺろキャンディの話をすると
「ママが食べたら良いんじゃない?」との返事。
あら、それは気がつかなかったわ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。