元女子アナMIHOの風まかせ生活 in 旭川
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病気は続くよ
この3連休、もともと出かける用事もなかったのですが、
息子が下痢に見舞われ、おとなしくしていました

金曜日からお腹が痛いと言い出した息子は、うんちがゆるくなり
「うんちがしたい!」
と思ってから、実際に出てしまうまでの時間がかなり短いようで、
ちょびうんちをパンツにしてしまう・・・というのが5~6回続き、
パンツの替えがなくなりそうになり、ママは大慌て

翌日の土曜日には、とうとう水っぽいうんちになってしまい
息子に
「紙パンツにしようか・・・」と相談すると、
息子は二つ返事で、妹の紙パンツを履きました
失敗しない自信がなくなっていたんですね。
予想通り、間に合わずオムツに下痢です
ふぅ、よかったよかった・・・

下痢になると、肛門が痛いようで、
うんちの度に涙を流す息子
かわいそうで見ていられず、病院を受診しようか迷ったものの、土曜日の午後です。
仕事中のパパにお薬をお願いすると、整腸剤を持って返ってきました。
塗り薬も塗って、息子は少し落ち着いたようです
「もう痛くな~い」
と言って、笑顔を見せてくれました

そして夜、
「寝るときはうんちしないから大丈夫だよ
と、自信満々の息子
多少の不安を残しつつ、息子の意見を尊重することにしお兄さんパンツを履いてネンネです。
そして無事、朝を迎えられて一安心。
寝起きですぐにトイレでうんち!セーフです

日曜日も念のため紙パンツを履いて過ごしましたが、
まぁ、大きな失敗もなく、うんちは少しずつ硬くなってきました

月曜日、元気に幼稚園に行きました。
幼稚園ではうんちもせず、元気でしたよ!という報告を受け、安心しました。
家では、うんちの回数はまだ多いんですけどね。
紙パンツの必要はなさそうです

と安心したのもつかの間・・・
今度はの方が、朝ゆるいうんちをしたのです

あぁあ、病気って続くのよねぇ。
娘もうんちの度に、お尻が痛いと大騒ぎ

でも、お兄ちゃんと同じ薬を飲める~と喜んでいるのでしたっ
スポンサーサイト
お熱で欠席、でもカニ釣り行きたいだなんて
昨日の夜、息子が熱を出しました。
きょうの幼稚園はお休みです。

今朝は37度まで熱も下がり、
日中は36度8分と比較的元気になった息子は、

「カニ釣りいきた~い」
「スーパーいきた~い」
「おばあちゃん家にいきた~い」

と泣いてせがみ、ママを困らせます。

ちまたではRSウイルスなるものが流行り、入院しているお友達もいます。
あすは幼稚園に行けるのだろうか・・・。



ばんざーいして!
3歳の息子は、だんだんお兄ちゃんらしくなってきました

お風呂に入る前のこと。
脱衣所でひとりで洋服が脱げずに悪戦苦闘している妹をみて、息子

「こうだよ、まずお手手をこうやってして~」

と、実演して見せてあげます。
が、2歳の娘はどうやってもお洋服が脱げません

そこで、息子が
「じゃぁ、脱がせてあげようかっばんざーいして~
と言うと、
娘も素直にばんざーい
そして、上手に娘のお洋服を脱がせてあげました

なんとほほえましいのでしょう

きのうも、
「おに~ちゃん、しろいパーシーは?しろいパーシーは??」
と電車のおもちゃを探す

「緑のパーシーかい?」と聞く兄。
「うんうん」とうなずく妹。
「一緒に探してあげようかっ?」
と、兄は優しい言葉をかけます

おにいちゃん!なんという成長でしょ~。

しばらくして、ママはダイニングで探していたパーシーのおもちゃを発見。
あれ?
結局一緒にさがさなかったのね・・・

救急の日 ドクターヘリを見に行こう

息子と娘と一緒に、ドクターヘリを見てきたよ♪

消防車もたくさんきていて、とても長~い梯子車に大興奮!

ドクターヘリは大人気で長い行列が…
息子はそれほど興味がないのか
「のりたくな~い」

比較的空いている消防車を見ると、
「これ乗る!!」
と息子。

「やだ~、のりたくな~い」と泣く娘。

お友達にも会い、ジュースも飲んで満足したふたり。
お昼ご飯を作るのが面倒になり、三人でレストランへ!

東光の「ガーデンキッチン」です。

お目当てはデザートのソフトクリームでしたが、
子どもたちはパスタとピザを喜んでだべてくれましたぁ。
ママも濃厚ソフトクリームを食べて幸せ気分。

さぁて、午後はのんびり洗濯かなぁ。
ウンがついたよ!
きょうはパパが出張で留守でした。
そこで、子供たちと一緒に実家へ枝豆の収穫をしに行きました
春に子ども達が植えた枝豆です
美味しい枝豆ができました!恵みの秋に感謝

さて、このところママは体がだるくて重くて辛かったので、
くぅばあちゃんに子どもたちをお願いし、
ママは久々にマッサージに行ってきました。
子育ての4年間で体はガチガチになっていたようで、あまりの凝りのひどさに
指圧のお姉さんもびっくり。
「このままだと、血流も悪くなって病気になるかも・・・
と、ちょっぴり脅かされたほどです

60分のマッサージはあっという間に終了。
いつもならマッサージの途中でねむたくなってしまうのですが、
きょうはあまりの痛さに、眠ることすら出来ませんでした
とても一回の施術で回復するような凝りではなかったものの、
少しだけリフレッシュできたかな

実家に戻ると、子どもたちはいつものように仲良く遊んでいたようです。
が、ママが帰った途端に、
息子は妹にちょっかいを出して、喧嘩して泣かせてしまうのです
結局、ママは喧嘩する二人相手に怒って、またもやぐったり。

ママがいないと、ほんと~に妹思いの優しいお兄ちゃん・・・なんだそうですが・・・。


じつは夏休みのころから、息子はトイレを失敗するようになりました
遊びに夢中になり、おしっこを漏らしたり、パンツにうんちをしちゃったり・・・
「だから、さっきおしっこは?って聞いたでしょっ!」
と、ついついネチネチ言っちゃうことも。

夏休み中、ずっと家に居る子どもたちは、ママを困らせてばかり。
けんかはするし、アレしてコレして、ご飯いらな~い、嫌だもん・・・。
おまけに、息子と娘のウンチやおしっこの始末。
些細なことの積み重ねで、ママはどんどん眉間に皴がより、怒鳴ってばかり

もしかすると、
ママがすぐに怒るから、息子はトイレを失敗している
のかもしれません。
そうは思っても・・・。
反射的に怒ってしまうのです。

きょうは、おばあちゃんの家でゴミ箱をわざとひっくり返して散らかす息子
怒鳴ってしまいました。
それくらいの事で、怒らなくてもいいのに・・・
って、ちょっと反省です

それから1時間後、息子はパンツにちょびうんちをしてしまいました。
「仕方が無いね、我慢できなかったんだね。」
と、ママも今度は怒らずに優しく言えました。
「もっとうんち出るんじゃないの?トイレでしてみようよ」と誘っても、
「出ないもん」と息子

それから数十分後、
「おしっこしちゃった~」と息子。
やれやれ・・・と思いつつ、あたらしいパンツを渡したものの息子はすぐに履こうとしません

そして、数分後。
「うんちぃぃぃぃぃ」
と、おばあちゃんのところに小さな声でやってきた息子

やややっ、パンツは履いていません

「出ちゃったの?まだなの?」
という問いに、
「もう、でそう・・・」と息子。

くぅばあちゃんが慌てて息子をトイレに連れて行ってくれたところ、
トイレの方からくぅばあちゃんの悲鳴
そして同時にピンポーンと鳴るインターホン
「そのまま、そこで待っててよ~」
と言い残し、玄関へ向かうくぅばあちゃん

ママがトイレに駆けつけると、言われたとおり便器の前で立ち尽くす息子、
そしてトイレの入り口には大きなウンチの塊
「間に合わなかったんだね・・・」
ママも苦笑い
うんちを片付けようとしたところ、なぜかウンチの横に
脱ぎ捨てられている片方の靴下

そこへ、もどって来たくぅばあちゃんが一言
「おばあちゃん、うんちふんじゃったのよ~

たしかに、ウンチはつぶれ、靴下の裏には茶色いものがべったり

ひゃははは~。

くぅばあちゃん、ほんとうに息子のお世話をありがと~
きっと、良い運(ウン)がついたと思うよ!
宝くじでも買ってみる?な~んてね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。